Vol.16   「Ibanezの箱もの」ってどうなの !?



「Ibanez」ブランドのギターと言えば、スティーブ・ヴァイやジョー・サトリアーニのようなブリッジにフロイトローズをマウントし、
ヘッドの先がとんがっているハードロック・ギターのイメージが強い方が多いのではないでしょうか。

実際、Ibanezではたくさんのモデルを出していますが、ハードロック向きのギターのラインナップがかなりを占めています。
クラッシックなスタイルを持ちながら、独自のデザインで登場した「AR」や「ミラージュ」などのソリッドギターもありますが、
ハードロック・ギターのイメージの陰になっていますね。

一方、Ibanezでは一部のジャズ・ファンに支持され続けているセミアコやフルアコなどのアーチトップの箱ものギターもたくさん作っています。

Ibanezの箱ものは、古く70年代は他ブランドと同様、ギブソンのギターをある程度コピーしたものでしたが、
80年代に入ると独自のスタイルのものへと変わって行きました。

ジョージ・ベンソンやジョン・スコフィールド、パット・メセニーなど、多くのトップ・ミュージシャンがモニターになり、
完成度の高いアーティストのシグネーチャー・モデルを作り上げました。
どのギターも他ブランドにはない独特の工夫を凝らした仕様を持ち、ギブソンの高級フルアコにも出せないジャズ特有の甘いトーンを実現させました。

独特の美しさを放つデザインのテイルピースや、贅沢に使われたアバロン貝のインレイの装飾など、
見た目の豪華さも他ブランドにはない魅力があります。


                              

                               
Ibanez GB-10
                         
ジョージ・ベンソン・モデル


今回は、今でも根強い人気を誇るIbanezのアーチトップ・ギターをテーマにしてみました。
今では市場でほとんど見ることの出来ないレアなIbanezも含め、ご紹介してみましょう。

それではIbanezの誇る素晴らしいアーチトップ・ギターをご紹介します!
今では珍しいものもありますよ!


■ 1970年代のフルアコースティックのラインナップ
  この頃はまだギブソンのコピーの色が見えます。テイルピースはギブソン高級フルアコES-350のものによく似ています。
  左から、
FA800 / FA300 / FA510 / FA100 それぞれギブソンのL-5、ジョニースミス、ES-175に似ています。
■ 1970年代のセミアコースティックのラインナップ
  
ギブソンのES-335のコピーの色が見えます。テイルピースはソリッドのARにあるような飾りがついています。。
  左から、
2629 / 2630 / SA100 / SA400 2629はスタンダード仕様。2630はカスタム仕様。のような違いがあります。
■ AMシリーズ (セミアコ)
  AMシリーズはボディ・サイズがとても小さく、レスポールを一回り大きくしたぐらいしかありません。
  左から、
AM200 / AM205 / AM400 / AM70 / AM75 AM205はジョン・スコフィールド氏がモニターでした。
■ ASシリーズ (セミアコ)
  ASシリーズはES-335スタイルのセミアコです。
  左から、
AS50 / AS80 / AS100 / AS200 AS200もジョン・スコフィールド氏がモニターでした。
■ GBシリーズ (フルアコ : ジョージ・ベンソン・モデル)
  GBシリーズもAM同様、小型のボディです。PUがボディ自体にマウントされていないフローティング仕様。
  左から、
GB5 / GB10 / GB20/ GB30 / GB100 / GB200 5、30、200は直接PUをマウントしています。
■ PMシリーズ (フルアコ : パット・メセニー・モデル)
  独特のボディのデザインはかなりの時間を費やして誕生したそうです。
  左から、
PM20 / PM100 / PM120 
■ AFシリーズ (フルアコ)
  定番フルアコのAFシリーズもかなり完成度が高く人気のあるモデルです。
  左から、
AF80 / AF120 / AF220 / AF207 AF207は7弦の特別仕様。
■ その他
  アーティストのシグネーチャー・モデルとして単体で登場し、シリーズ化されていないモデルです。
  左から、
JP20 (ジョー・パス・モデル) / LR10 (リー・リトナー・モデル) / JSM100 (ジョン・スコフィールド・モデル) 



Ibanezのアーチトップ・ギターは特にネックの強さを感じます。
GBシリーズなどのジャズギターには新品出荷時から .013〜からの極太フラット・ワウンド弦が張られていますので、
強いテンションに十分耐えられるだけのネックを持っています。

どれも素晴らしいギターです!



Back Number

Vol.1 「Fender」 ヘッドストックのデカールに書いてある数字は何だろう !?
Vol.2 「Gibson」 ヘッドストックのロゴで作られた年代が分かるって本当 !?
Vol.3 ギターの「テイルピース」って何 !? どんな種類があるんだろう !?
Vol.4 スライド奏法とか ボトルネック奏法ってどうやるんだろう !?
Vol.5 マシンヘッドって何 !?
Vol.6 ギターに初めて挑戦したいんだけど、どんなギターがいいの !?
Vol.7 エピフォンのギターってどうなの !?
Vol.8 シブいブルース・ハープってどうやって吹くの !?
Vol.9 フェンダーのスチューデントモデルって何 !?
Vol.10 ギターのブランド名ってどんな由来でつけたの !?
Vol.11 張り替える弦はどれがいいの !?
Vol.12 ブルースってどんな音楽なの !?
Vol.13 「ストラト」って全部同じじゃないの !?
Vol.14 「Gibson Bass」ってどうなの !?
Vol.15 「チューニング」って大事なの !?
Vol.16 「Ibanezの箱もの」ってどうなの !?
Vol.17 「イコライザー」ってどうやって使うの !?
Vol.18 「Ovation」のギターってどうなの !?
Vol.19 アンプってどうやって選ぶの !?





トップページへ戻る





バックナンバー

ギター用語 マメ知識   別にどうでもいい話だが、知っていると みんなに自慢できる マメ知識