この「ギター用語マメ知識」も何かマニアックになりつつありますので、
ライトニンも1周年を迎えたということで、初心に帰り、今回は初心者のギター選びに焦点を当てたいと思います。
(ギターに詳しい方は 「ちぇっ。おもんな〜」とか思わないで暖かく見守って下さいね!)


ギター屋のおやじから言わせてもらえば、ギターに挑戦する初心者がどんどん育たないと
いいギターは売れないのだ!(ギター人口を増やさないと !?)
特にギターにひたすら愛をそそいでいる店の店長さんは初心者にやさしいはずです。

中古楽器屋さんって独特の雰囲気がありますから、初めて店に入る初心者の方にはちょっと勇気がいるかも
しれませんが、入ってみると全然怖くありません。別に買わないといけないわけもありませんし、
ソロっと出ようとしたら、奥からタトゥーをちらつかせた ヒゲずらの巨漢が出て来て 「兄ちゃん 待ちな!」なんて
恐ろしい目には会いません。

中古楽器屋さんにはそれぞれの店ごとに得意分野があります。(うちの場合は安いフルアコ、セミアコです!)
他店なら、ビンテージ・ギターなら!とか、ストラトの品揃えなら!とか、フォーク・ギターなら!とか、
色々あります。
たくさんのお店に足を運んでゆっくり眺めたり、店長さんと話しをすれば色々なギターのことがよく分かりますよ。
せっかく楽器屋に入ったら、分からないことはどんなことでも分かるまで訊いてみましょう!

勇気を出して店に入って来た初心者の方の質問に愛想のない対応したり、
専門用語を並べまくってギターを押しつける人は、ロクにギターを知らない雇われか、愛のない店です!

余談はこれぐらいにして・・・。本題は 「初心者のギター選び」です!



ギターとひとことで言ってもたくさんの種類がありますので、
初めてギターに挑戦する方はどれがいいのか悩みますよね。

ギターには演奏する音楽のジャンルによって使うギターがあります。
「ギターは初めて」って方は自分がどんなジャンルの音楽をしたいのかを基準にして
ギターを選ばれるといいと思います。(音楽の趣味が違う友達に選んでもらうと後で後悔するかも・・・)

まずはギターの種類を見てみましょう!  ネコ科>ライオン のように見ます。

アコースティックギター>ガットギター
クラッシック、フラメンコなどに使います。
このギターのみ、ナイロン製の弦が張ってあります。
アコースティックギター>フォークギター
フォークソングなど、「ゆず」みたいな弾き語りに使います。
金属製の弦が張ってあります。
エレキギター>アーチトップギター>フルアコ
ジャズ、ブルースなど
に使います。中は空洞になっていて
フォークギターのように分厚く、バイオリンみたいな「f」穴が開いています。
エレキギター>アーチトップギター>セミアコ
ジャズ、ブルース、フュージョン、ロックなど
に使います。
中が半分 空洞になっていて、5cmぐらいの薄い厚みです。

エレキギター>ソリッドギター
ロック、ポップス、パンク、ブルース、ファンクなど幅広いジャンルに使えます。
木のかたまりで出来ていて、薄型です。
歪んだ大きな音でバンドをやるのに向いています。
左上:ストラトキャスター/左下:レスポール/右上:テレキャスター/右下:SG
エレキギター>ソリッドギター
ハードロック、ヘビィメタル、パンクなど激しいジャンルに使います。


代表的なモデルをギターの種類別に分けてみました。
他にもたくさんのギターがありますが、たいていは上のギターのどれかに形が似ていて、
それを基本に変化させているものです。


 
【ギター選び Point 1】

「こんな演奏をしてみたい!」と思ったアーティストは
どの種類のギターを使っているか調べてみよう!


やりたいジャンルの音楽にはどの種類のギターが合うのかを知りましょう。

ヘビメタがやりたいのに、フルアコを買ってしまったら使えたものじゃありません。
ブルースがやりたいのに、先がとんがったギターを買ってしまったら みんなにバカにされます。


それでは、やりたい音楽のジャンルと 使うギターの種類が分かったら、
楽器屋さんに実際にギターを見に行きましょう。
うちのような中古楽器屋さんは新品専門の量販店よりも入りにくいかもしれませんが、
よく育ったいい音のするギターが安く売っていますから、要チェックです!
(宣伝も忘れずに!)でもホントですよ!


 
【ギター選び Point 2】

「このギター、かっこいい!」と一目見て気に入ったギターを触らせてもらおう!

ギターが上手くなるには 見た目もとても大切です。
デザインや色が気に入ったギターは買って自分のものになると、時間があればすぐに弾きたくなります。
肩から提げて鏡の前に行きたくなります。
(急にオカンが出て来て「あんた何やってんの!」と言われるので見つからないように!)

あんまり気に入っていないギターはやはり あんまり触らなくなります。
ギターは弾けば弾くほど上手くなりますから、見た目も大事なのです。

但し、ジャンルに合っているものかよく見ましょう!
予算が全然オーバーしているものはどれだけかっこよくても対象外です。

触らせてもらうときはマナーを守りましょう!
勝手に掛けてあるギターを下ろしたりしてはいけません!
もし手がすべって落としたり、大切な商品をぶつけたりしたら、大変なことになりますよ!


 
【ギター選び Point 3】

持った感じを観察してみよう!

ギターには頭の方が重かったり、おしりの方が重かったり、バランスの悪いものもあります。
「これ鉄で出来てるの !?」って思うぐらい重たいものもあります。
そんな重たいギターでバンドを組んだら持っているだけで2曲が限界かもしれません。
いや、家に持って帰るまでに挫折するかもしれません。(そりゃオーバーか・・。)


 【ギター選び Point 4】

エレキギターならアンプにつないでもらって音を鳴らしてみよう!

アコースティックギターならそのまま。とにかくどんな音が鳴るのか聴いてみます。
「そんなこと言ったって、何にも弾けないよ・・・。」なんてビビっていてはいいギターには出会えません。
アンプのつまみはボリューム以外 全部「5」にして、弦をじゃら〜んと鳴らしてみましょう。
ギターは同じ顔をしていても1本1本全部音が違います。楽器ですから、音が肝心です。

自分で弾けなければ、お店の人に弾いてもらって音を聴きましょう。
正直に、「私は初心者だから弾けません。一度弾いてみて頂けませんか?」と言いましょう。
知ったかぶりをしても毎日ギタープレーヤーを見ている楽器屋さんには初心者だなと、まるバレです。
親切なお店なら ちゃんと分かりやすく弾いてくれます。
もし断られたら即刻退店です。

弾かせてもらうときもマナーは守りましょう!
お店のギターは大切な商品で、みんなのオモチャではありません!
調子に乗って遊んでいたら、嫌われてしまいますよ!


 
【ギター選び Point 5】

さりげなく、(でも必ず!)自分のやりたいジャンルをリクエストしましょう。

ロックがやりたいのに、難しいジャズみたいなのを弾かれてもロックに合うギターか分かりません。
ブルースがやりたいのに、ヘビメタみたいなのを弾かれてもブルースに合うギターか分かりません。
自慢げに弾きまくるバイトの兄ちゃんは相手にしてはいけません。


 
【ギター選び Point 6】

弾いていてどう感じるのか聞いてみましょう!

「どんな感じの音ですか?」と聞いてみましょう。弾きながら感じていることを何か言ってくれます。
「凄いパワーがあるね。」とか、「暖かい丸い感じの音ですね。」とか何か言ってくれます。
「アタックが強いね。」とか、「サスティーンがいいね。」とか分からないことを言われたら、
どういう意味なのか聞いてみましょう。
その言われたことが自分のやりたいジャンルに合うかを考えましょう。

静かなジャズがやりたいのに、パワーのあるギターではきれいな音は出ません。
激しいハードロックがやりたいのに、暖かい丸い音では全然迫力が出ません。


 
【ギター選び Point 7】

弾き心地はどうか聞いてみましょう!

ギターの弾きやすさは弦を押さえる側で握る「ネックの感触」が大きく関係しています。
ギターのネックには 太いもの、細いもの、三角に裏側が出っ張っているもの、
平べったく薄いものなど色々あります。
「ネックの感じはどんな感じですか?」と聞いてみましょう。
「細くて弾きやすいですよ。」とか、「太くてしっかりしてますね。」とか何か言ってくれます。
初心者のうちは細めのネックの方がギターに慣れやすいかもしれません。


これで予算も合い、納得すればOKです!
でも、できるだけ他のギターも試してみましょう。

もし、中古楽器屋さんのホームページでかっこいいギターに一目惚れすれば、
やりたいジャンルとギターの種類が合っていれば、それもいいでしょう。
楽器を通販でなんて・・・と思う方もおられるでしょうが、
普通 中古楽器屋さんのギターは1本1本ていねいに磨いて、
すぐにでもライブで使えるようセットアップしてありますから、
(新品量販店は知りませんが・・・)
オークションなどとは違い、通販で買っても 「ガタガタ・・・。」なんてことはないので安心なのです。
それでもメールや電話で同じことを確認しましょう。
音が聴けない分、慎重に確認しましょう。

さあ!ギターを手に入れたら練習あるのみです!
だんだん弾けるようになってきたらハマりまっせ!
面白くてやめられまへんで〜!

ギターを手に入れるときは一緒に 絶対必要な 「ピック」、「ストラップ(肩掛けベルト)」、
「シールド(アンプにつなぐコード)」も忘れずに。
(プレステを買ったらメモリーカードもいるのだ。)

初心者の方はやりたいジャンルとギターの種類が合ってないことがよくあります。
それは家に持って帰ってしばらくしてから気がつきます。
「こんなはずやなかったのに・・・。もうギターなんかヤメじゃ!」
なんてことにならないように気をつけて下さいね!



Back Number

Vol.1 「Fender」 ヘッドストックのデカールに書いてある数字は何だろう !?
Vol.2 「Gibson」 ヘッドストックのロゴで作られた年代が分かるって本当 !?
Vol.3 ギターの「テイルピース」って何 !? どんな種類があるんだろう !?
Vol.4 スライド奏法とか ボトルネック奏法ってどうやるんだろう !?
Vol.5 マシンヘッドって何 !?
Vol.6 ギターに初めて挑戦したいんだけど、どんなギターがいいの !?
Vol.7 エピフォンのギターってどうなの !?
Vol.8 シブいブルース・ハープってどうやって吹くの !?
Vol.9 フェンダーのスチューデントモデルって何 !?
Vol.10 ギターのブランド名ってどんな由来でつけたの !?
Vol.11 張り替える弦はどれがいいの !?
Vol.12 ブルースってどんな音楽なの !?
Vol.13 「ストラト」って全部同じじゃないの !?
Vol.14 「Gibson Bass」ってどうなの !?
Vol.15 「チューニング」って大事なの !?
Vol.16 「Ibanezの箱もの」ってどうなの !?
Vol.17 「イコライザー」ってどうやって使うの !?
Vol.18 「Ovation」のギターってどうなの !?
Vol.19 アンプってどうやって選ぶの !?





トップページへ戻る





Vol.6   ギターに初めて挑戦したいんだけど、どんなギターがいいの !?

バックナンバー

ギター用語 マメ知識   別にどうでもいい話だが、知っていると みんなに自慢できる マメ知識